ショップを開設しました。ペーパークラフトを販売しています。

東急ハンズWEBショップ「Hands Gallery Market」でもオリジナル・ペーパークラフトを取り扱い中





国立近代美術館

工芸館
のペーパークラフト

/旅とクラフト



  主に、旅先で手に入れた、旅先ゆかりの模型などを紹介します。
  また、街並みや景観を再現したペーパークラフトを制作、公開します。



国立近代美術館 工芸館のペーパークラフト




  • 国立近代美術館 工芸館  (旧近衛師団司令部庁舎)


    東京・九段下界隈には、歴史的な建造物が幾つか残る。
    その中でも特に、異色で目を惹くのが、
    竹橋駅が最寄りとなる、国立近代美術館工芸館。




    一見すると宮殿のようなこの建物は、
    実はもともと軍の施設だった。
    しかも、あの司馬遼太郎氏の「坂の上の雲」の
    時代から存在し、秋山好古陸軍大将も師団長時代に務めていた。
    また、第二次大戦終戦のおりには、近衛師団参謀達が
    玉音放送を妨害し、日本の降伏を阻止しようとした「宮城事件」の
    舞台ともなった、歴史を背負った建物だ。



    もともと、天皇と皇居を護衛するための近衛師団。
    そのため、皇居の外堀に建っていた。
    その役目を終えた戦後、北の丸地区の整備事業の一環として
    この建物の取り壊しが検討された。



    しかし、その際にこの建物の歴史的な価値も見直され、
    明治時代の洋風煉瓦造り建築の一典型として
    保存する声が高まったため、晴れて取り壊しを免れて現在に至る。



    簡素なゴシック様式は、華美な西洋建築よりも日本的であり、
    シンプルで実直な作りがこの建物の魅力といえる。
    現在は、東京国立近代術館工芸館として機能しているが、
    軍の施設というよりは美術館の方が、外観に相応しく思える。



  • 今回は、そんな歴史的な背景を持つ旧近衛師団司令部庁舎を
    ペーパークラフトで再現しました。



  • このミニチュア自体がかなり小さく、細かいパーツをそのままの伸縮に合わせると
    か細くなってしまうため、尖塔は実際のサイズよりかなりデフォルメしています。



  • あらためて小さなサイズで再現してみると、
    やはり明治期の洋風建築らしさが感じられ、その装いは明治時代の大学校舎のようでもあります。








- Click Map -



Welcome

AMFF by TAK
画像の無断転載・複製はご遠慮ください。


inserted by FC2 system