ショップを開設しました。ペーパークラフトを販売しています。

東急ハンズWEBショップ「Hands Gallery Market」でもオリジナル・ペーパークラフトを取り扱い中





神戸うろこの家
のペーパークラフト

/旅とクラフト



  主に、旅先で手に入れた、旅先ゆかりの模型などを紹介します。
  また、街並みや景観を再現したペーパークラフトを制作、公開します。



小樽運河のペーパークラフト




  • うろこの家

    明治38年(1905年)頃に、
    神戸旧居留地の外国人向けの
    高級借家として建設された。
    そして大正11年にいまの場所に移築された。
    外壁の天然石スレートが魚の鱗のようにみえることから、
    現在の通称で呼ばれる。




    設計者は不明で、建物にまつわるエピソードも
    記録に残っていないことから、
    この「うろこの家」について、
    語れることは多くはない。



    北野異人館の洋館群の中でも
    とりわけ奇抜な外見を持ち、
    また立地も北野地区の奥まったところにあることから、
    訪れた際にはより深く印象に残る。

    明治維新から諸外国に神戸港が開放されるまで、
    三宮や北野の地区はこれといった特徴もない農村だった。
    それが開港後、来日外国人の激増により、
    外国人の居留地用の用地が不足したことから、
    ごく限られた範囲の中で日本人との雑居が認められた
    地区として開発されていった。
    そういった意味でこの地区の発展は、
    異邦人たちの存在なしにはありえなかった。

    神戸北野異人館店


    風見鶏の館


    いまも神戸の街に残る特徴ある異人館は、
    以降の戦災や震災を耐え抜き、または再興し、
    当時の異邦人の暮らしぶりや、街の雰囲気を今につたえる。




  • 今回は、神戸北野の洋館を代表する、うろこの家をペーパークラフトで再現しました。



  • 丘の上に建つうろこの家は、いつも見上げた姿になるため、
    もっと平たい建物の印象を受けるかもしれませんが、
    実測に近い形状で再現すると、建物に意外と奥行きがあることが
    判ります。



  • 特徴的な円筒形と、帽子のような屋根も再現しました。







- Click Map -



Welcome

AMFF by TAK
画像の無断転載・複製はご遠慮ください。


inserted by FC2 system